MENU
目次

氷川神社(東京都東村山市多摩湖町)

令和4年4月

東村山市には氷川神社が2社ありますので、古くは宅部の氷川神社と呼ばれていましたが、現在は、多摩湖町の地名から多摩湖の氷川神社が通称名になっています。
正式な名称は、「氷川神社」です。

鎮座地

東京都東村山市多摩湖町3-16-3
交通:西武多摩湖線「多摩湖駅」から徒歩3分(駐車場はありません)

御祭神

須佐之男命(すさのおのみこと)

由緒

創立年月は不詳であるが、山口領氷川神明の分祀。神域は狭山丘陵南の中腹にくらいし、宅部川をはさみ、北を堺村、南を日向村という。
古くよりこの地一帯を宅部と称し、三宅氏の居住せしより氏の名称が起こった。現に里人は廻田宅部または下宅部と呼ぶ。
上代の屯倉の跡が、神域の東方の丘陵に接続すると伝う。
また当社の枝宮としては、宝暦五乙亥年(1755)二月三日名主斎藤九兵衛が、同郡小平村回田字上水通り百三十六番地へ、分霊を移した。

祭事

例祭日
9月22日

平成30年9月
平成30年9月
平成30年9月

問い合わせ

氷川神社には神職が常勤していません。
小平市仲町の熊野宮の宮司が、兼務しています。

氷川神社では、個人のご祈願をおうけしていません。

氷川神社の神札やお守りは、小平市仲町の「熊野宮」でおだしできます。


氷川神社のお問い合わせは、熊野宮(くまのぐう)までお願いします。
電話042-344-0638 電話受付時間 9:00~17:00
熊野宮ホームページ

目次
閉じる